印刷はハンズおけさにおまかせ





















前へ戻る
ワード(Word)やパワーポイント(Powerpoint)で作成したデータを印刷業者にデータ入稿したいと思われたことはないでしょうか?
しかし、Office製品で作成したページには数多くの制約があります。 そのため、せっかく作った作品を印刷製品として実現できずに結局諦めざるをえなかったお客様もいらっしゃるはずです。
ワードやパワーポイントなどのマイクロソフトオフィスデータが印刷業者へデータ入稿できない理由はいくつかあります。
まず、1つめの理由は、印刷業者の印刷物出力システムとは、出力形態が異なるからです。
MicrosoftOfficeデータは、印刷機に持ち込めるようなデータ形式ではありませんし、色の再現方法も印刷機のそれとは異なるために入稿データとすることができません。
2つめの理由は、お客様のパソコンあるいはプリンタでプリントされた内容(文字・図形の位置)が、 印刷会社側(出力業者側)のパソコンで忠実に再現されるわけではないからです。
このような理由から、これまで、ワードやパワーポイントなどの製品で作ったデータを、データ入稿することができませんでした。

【ハンズおけさ】では、ある一定の条件を満たして頂いた上でお客様にデータ入稿して頂くことで、ワードやパワーポイントなどのデータを印刷製品へとコンバートいたします。 ハンズおけさは、ワードやパワーポイントデータを印刷可能なレベルにまで高めるノウハウがあります。
そのノウハウにより、マイクロソフトオフィス製品のデータ出力・印刷サービスを行っております。 サービス対象のOffice製品は、エクセル・ワード・パワーポイント。
サポートしているオフィスのバージョンは幅広く、Office97・Office2000・OfficeXPとなっています。

お客様への納品は、データ(PDF)印刷物の2種類をご用意。 下記項目に目をお通しいただき、是非お気軽にご相談下さい。

ご注文 お支払い・お届け ご利用案内・FAQ データ入稿方法
名刺・カードの印刷 DM・ハガキの印刷 シート物の印刷 ページ物の印刷
ポスター・パネルの印刷 宛名書き印刷 プライバシーポリシー

▲ ページ上部へ


Windows版マイクロソフトオフィス データ入稿の留意事項
Windows版マイクロソフト社製のエクセル・ワード・パワーポイントデータ入稿について
基本的に、Microsoft Office(ワード(Word),エクセル(Excel),パワーポイント(PowePoint))製品は、印刷物としての製品保証がありません。その理由の1つは、 色を表現する手法(色空間)がRGBというものであり、通常の印刷物の色空間(CMYK)とは異なるからです。
2つめの理由は、お客様が作成されたオフィスのデータが、お客様のパソコン環境に使用フォントなどを依存しているためです。
上記のような理由により、印刷物として製品化するためにはデータの変換や類似フォントへの置き換えが必要になるなどの不確定要素が発生します。 そのような、追加作業が弊社にて必要になることがありますので、お預かりしたデータ次第ではお客様ご希望のスケジュールに従って 納品できない場合があります。その点をご了承下さい。

校正紙について
校正紙とは、弊社にて仕上がり確認をするためのものです。
お客様のパソコンからお持ちのプリンタ(カラーで出力したい場合はカラープリンタ)で出力した用紙を ご郵送いただき、弊社作業の校正紙とさせていただきます。(郵送にかかる費用はお客様にてご負担いただきます)
また、郵送いただかなくても、データにて弊社にお送りいただくことも可能です。
その際は、お客様のパソコンにて作成したデータを、スクリーンショットでハードコピーし、 画像ファイルにした上で校正紙としていただきます。

塗り足しを設定していただく場合
用紙の端まで色部分や画像などがある場合、裁断の際、多少のズレにより余白部分が残ります。 その余白部分が残らないように、予め裁断サイズよりはみだしてレイアウトすることを 「塗り足し」と呼びます。
印刷向けのソフトウェアでは余白部分まで色部分や画像がはみ出したデータを作成する機能がありますが、 Officeソフトにはありません。

画像解像度について
Officeで利用される画像の品質(画像解像度)は、印刷に適していない場合があります。 品質レベルについては、ご依頼いただいた後の仕上がり確認時(校正)にて確認していただきます。

外字について
Windows などOSに付属している外字作成ツールや、アプリケーションで作成する外字は再現できません。
外字を使用している場合は、校正紙に手書きあるいはペイントツールにて外字の場所を特定した注意書きを必ず付けて置いてください。
変換時にその注意書き項目に沿って、類似した字に置き換えて出力します。

マイクロソフト オフィス製品特有のツールについて
「ワードアート」「塗りつぶし効果」「半透明にする」などの機能を用いて作成されたデータは、 画面上のイメージが正確に反映されない場合があります。ご了承ください。

書体(フォント)について
True Typeフォントのみをご使用ください。
最初からWindowsに付属されているフォントは全てご利用になれますが、 弊社に無いフォントをご使用になったデータは、忠実に反映されませんのでご了承下さい。
校正紙(お手元のプリンタにて出力した用紙あるいはスクリーンショット)を参考にして 弊社にて類似した書体に置き換えて出力いたします。
ワード(Word)とパワーポイント(PowerPoint)につきましては、Officeの保存機能にて、 「フォントの埋め込み」を行ってからご依頼いただくと弊社にない書体でも出力可能となります。 その方法は次のとおりです。(Office2000[ワード(Word)]を例にしています)

「ファイル」メニューより「名前を付けて保存」を選択してください。(※ 上左図)
右上にある[ツール]からそこにある「ツール」メニューより「保存オプション」を選択後、 「TrueTypeフォントを埋め込む」と「使用されている文字だけを埋め込む」の項目にチェックを入れ、 [OK]の後ファイルを保存してください。(※ 上右図)
※Officeのバージョンにより、多少表現や項目名が異なりますが、ほぼ共通の手順で設定可能です。

詳細な料金には、こちら からお気軽にお問い合わせください。 見積もりはもちろん無料です。
お見積もりに際して、お客様が作成されたデータをメールなどで、弊社宛に送って頂くことがございます。 その際、お問い合わせいただいた後、再度その由を弊社からご連絡いたします。
弊社のお見積もりをお客様にご了承頂き、ご注文になる場合、こちらからお支払いについてお知らせ致します。 お支払いは、クレジットカードによる[オンライン決済][代金引換]からお選びいただけます。 決済方法を弊社にお知らせいただいた後、[オンライン決済]の場合はメールにてご案内いたします。 オンライン決済の方法などは、お客様宛にお送りするメールに記載されております。 決済は安心のクロネコ@ペイメント 安心してご注文ください。

▲ ページ上部へ


ページ単価で計算されます。用紙サイズや文字数、画像の数などは問いません。
● Microsoft Office データを、弊社にて印刷可能なデータに変換(税込単価)
ワード(Word)
パワーポイント(Powerpoint)
450円 (1ページあたりの単価)
エクセル(Excel)
メールまたは電話 にてご相談ください。
お客様のデータ(コピー)をお預かりし※1、内容を確認させていただいた後、無料でお見積もりいたします。

● Microsoft Office データを、弊社にて印刷可能なデータに変換 + 弊社にて印刷
ワード(Word)
パワーポイント(Powerpoint)
エクセル(Excel)
上記データ変換料金に加え、印刷料金を計算します。
メールまたは電話 にてご相談ください。
お客様のデータ(コピー)をお預かりし※1、内容を確認させていただいた後、無料でお見積もりいたします。
※1 原則として、データ入稿は、オリジナルデータとしてではなく、コピーを弊社にお渡し頂きます。
お客様のデータは責任を以て弊社PCのハードディスク、またはメールソフトから消去いたします。 物理ディスクでいただいた場合は破壊して処分いたします。 個人情報の保護に関する弊社の考え方については、こちらをご覧ください。

▲ ページ上部へ


お問い合わせ・お見積もりは、FAX:03-5489-8090 へ
ダウンロード (名刺・カード・DM・ハガキ・シート・ポスター・パネル 見積もりフォーム)
ダウンロード (ページ物印刷 見積もりフォーム)
ダウンロード (宛名書き印刷 見積もりフォーム)
特定商取引法に基づく表記 | 個人情報について | 企業・IR情報